インフラエンジニアの忙しさと経験の必要

インフラエンジニアは、主にはネットワークを扱うエンジニアとサーバを扱うエンジニアが主流であり、それぞれに特化した専門知識を要求されている。求人募集がなされている場合には即戦力となる知識や実務経験が求められることが多く、現場での人材の必要性が高いことを伺い知ることができる。

実際、ほとんどの職場ではカスタマーからの応対に追われている状況が多く、慢性的な人材不足が著しい傾向がある。特にスマートフォンの普及によってソーシャルネットワークサービスの運用や保守の仕事が増加している。

また、クラウドシステムの広まりによってサーバの仮想化等の需要も高まっていることから、ネットワークとサーバを担うそれぞれのエンジニアの需要の高騰が著しい状況が生まれている。そのため、インフラエンジニアの求人は常に多く、転職志望者にとっては格好の標的となっている。しかし、実務ができるレベルのエンジニアであることが要求されることから転職に際してはスキルアップが必須となっているため、その勉強の必要性のハードルが高いことは否めない。

一方、必要とされている職場も多く、職場によって要求される知識や経験が大きく異なるのも特徴であり、得意とする専門分野がある場合にはそれが活用できるインフラエンジニアの求人を探すことが転職を容易にする戦略となる。そうすることで、転職後の現場においても自分の専門分野での経験を活用してすぐに活躍することが可能となる。
その他のインフラエンジニアとして業界に生き残るための対策はこちら

Posted in

Post a comment

You may use the following HTML:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>